★記事上の写真をクリックすると、写真だけを見ることができます!

glo(グロー) お買い物&レビュー

【neoネオシリーズ】glo(グロー)のダークフレッシュプラスを購入して吸ってみた感想

更新日:

「加熱式の物足りないを、くつがえす」

加熱式タバコの中でもスタイリッシュな本体で、
女性にも大人気のglo(グロー)。

発売以来、さまざまなキャンペーンも開催されており、
新規ユーザーも着実に増えつつあります。

グローはタバコとなるスティックを本体に差し込んで吸う加熱式のタバコですが、
銘柄は今までKENT(ケント)だけという特徴がありました。

そんな中、2018年7月から加熱式タバコ専門のブランド「neo(ネオ)」が立ち上がり、
今現在かなりの話題になっていますよね。

今回は、新たに発売されたneoシリーズの中でも、
「ダークフレッシュプラス」を実際に買って吸ってみたので、
詳しく書かせていただきたいと思います!

スポンサーリンク

●この記事に必要なのは約 4 分●

glo(グロー)のneoネオシリーズ「ダークフレッシュプラス」

ダークフレッシュプラスは、イメージカラーがパープル(紫)となっており、
価格は450円で販売されております。

従来のglo(グロー)のスティックは420円ですので、
30円ほど高い計算になりますね。

完熟グレープのようなアロマフレーバー

公式の発表では、吸いごたえにこだわったタバコ歯をブレンドしており、
味はグレープでメンソールタイプのスティックとのこと。

一瞬、「グレープ?なんじゃそりゃ?」と思ってしまいがちですが、
要は紫のイメージカラーどおり「ぶどう」の風味がするようです。

ダークフレッシュプラスの箱を開けてニオイを嗅いでみる

まずダークフレッシュプラスの箱を開けて、
吸う前にニオイを嗅いでみます。

ちなみに中のスティックも、イメージカラーで統一されており、
ダークフレッシュプラスはパープル(紫)になっています。

実際にニオイを嗅いでみると、たしかにグレープの香りがして、
しかも美味しそうな感じのニオイが漂ってきます。

ただ完熟ブドウかと言われるとそうでもなく、
グレープ味のラムネとかお菓子を嗅いだ感覚ですね。

嫌味な感じはしないので、個人的には好きな部類の香りです。

実際にダークフレッシュプラスを吸ってみる

では、実際にグローを使ってダークフレッシュプラスを吸ってみましょう。

うんうん、たしかにグレープの良い香りがして、
口の中に広がっていきます。

「おっ、これはいいかも?!」と一瞬感じたんですが、
なんというかやっぱり完熟のグレープというのはあくまでもイメージで、
グレープのアロマをふりかけたような感じです。

メンソールとの相性は良いですし、意外と吸いごたえがあります。

「これぞタバコ!」が好きな人には合わないかも

ただ、たしかに味自体は美味しいんですが、
タバコを吸っているような感覚にはならないです。

こればっかりは仕方のないことなんですが、
メンソールとグレープの風味が少し強いので、
なんか違うなと感じてしまうんですよね。

なので「これぞタバコ!」という味が好きな人には、
フレーバー的には合わないような気がします。

個人的には、紙巻タバコはクールを吸っていたので、
おそらく継続して吸いたいと思うタイプではないですね。

たまに気分を変えたいときに吸おうかなと思います。

加熱式であることには変わりないけども…

neoシリーズ4種類でダークフレッシュプラスを一番最初に試していますが、
やはり加熱式タバコであることには変わりがありません。

ただ、以前のグロースティックに比べてみると、
少しはタバコ感が出ているんじゃないかなと。。。

おそらく4種類全部の記事で同じようなことを言いますが、
紙巻きたばこの代わりにはならないけど、
以前のグロースティックに比べると着実に進歩はしています。

もちろん吸った後は、ニコチンを摂取している感覚になります。
あくまでも個人的な感想ですけどね('ω')

最後に

ちなみにneoシリーズ4種類については、
今のところグローストアに行くとお試しで吸うことができます。

お近くに店舗がある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
他の3種類については引き続きレビューしていきたいと思います('ω')ノ

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!
おつかれさまでした(*'ω'*)

-glo(グロー), お買い物&レビュー

Copyright© オクイチ , 2019 All Rights Reserved.