★記事上の写真をクリックすると、写真だけを見ることができます!

お出かけ 京都

京都でココだけ!質志鍾乳洞でのスリリング体験と日吉ダムの温泉

更新日:

「あぁ、鍾乳洞に行きてぇなぁ…」
と目覚めと共に感じた4月5日。

ネットで鍾乳洞をいろいろと調べてみると、
どうもマイアンテナにビビっとこない所ばかり。(古い)

どうも、ワイキです!!

そんな中、京都に唯一の鍾乳洞を発見して、
何とスリリングな体験ができると書かれている!

「これは行くっきゃない!!」

ということで、この質志鍾乳洞と日吉ダムへ行くことにしました。

スポンサーリンク

●この記事に必要なのは約 7 分●

今回の目的地は「質志鍾乳洞」

※撮りなれてないせいか縦向きの写真がメインとなります
※また一部、見にくいもの、指がうつりこんでいるヒドイ写真もあります

日吉ダムについては後述しますが、
質志鍾乳洞は京都で唯一の鍾乳洞でございます。

個人的には、京都ってけっこう鍾乳洞がありそうなイメージやったんですが、
どうやら思い違いやったみたいです。

ところで質志って何と読むと思いますか?

僕は、iPhoneのナビに入力したときに、
「しつこころざししょうにゅうどうへのルートは…」って言われたので、
てっきり「しつこころざし」って読むと思っていたんです。

しっつこころざし~♪ しっつこころざし~♪

と、車内で口ずさみながらウキウキしてたんですが、
どうやら実際は「しずし」と読むようです。

完全に変なオッサンになってましたね。

まずは道の駅「丹波マーケス」で休憩

今回は一人でのお出かけやったんですけど、
やっぱり運転しぱなっしは疲れます。

そんなときに便利なのが道の駅ですよね。

途中で「丹波マーケス」という道の駅があったので、
寄り道してみることにしました。

さっそく中に入ってみると、道の駅というか、
普通にフードコートがあるスーパーみたいな感じ。

中は旅行者というか、ほとんどが近所の人たちで、
田舎にある小さなイオンって雰囲気が漂ってました。

まあ、野菜とか普通に安く売られていたんですが、
今回は何もせず何も食べずに出ることに。

質志鍾乳洞の駐車場に到着!

道路を走っていると、鍾乳洞がある雰囲気ではなく、
本当にここで合っているのかと不安になりました。

んで、ふと見ると「質志鍾乳洞へお越しの方はコチラ」みたいな看板があり、
かなり細い道を入っていくと駐車場がありました。

駐車場というか、ただ空きスペースがあるみたいな…

さっそくキレイな桜が出迎えてくれて、
けっこう嬉しい気分です(*'ω'*)

ちなみにロッジなどで宿泊する人は、
もっと近い場所に専用の駐車場があるんですが、
ただ鍾乳洞へ観光に来た場合はココの駐車場になります。

 

駐車場のすぐ横に階段があり、
案内の看板に導かれ、鍾乳洞へと向かっていきます。

 

入口の看板の後は、けっこう急な坂になっているんですが、
その坂をのぼっていくと受付があります。

受付には、おじいちゃんとおばあちゃんの2人がいて、
その人たち以外は誰もいません。(ちなみに2人とも係員です)

この受付で、入場料500円を払うと、
鍾乳洞だけではなく周辺を散策することができます。

ちなみに鍾乳洞へ行かない場合でも、必ず500円を払う必要があり、
ここの施設への入場料と考えたほうがいいですね。

いざ鍾乳洞へ!何もかも傾斜がキツイ!

普段、運動不足で体力がないので、
受付に行くまででかなりの汗をかいたんですが、
そこから鍾乳洞へ向かうまでも、かなり傾斜がきつい階段や山道になっています。

たぶん年配の人には、かなりキツイのでないでしょうか。
体力に自信がない人は、まずココで嫌気がさすはずw

入口に到着!と思ったら、まさかの注意書きがありました。

この時点で僕は汗だく、息もあがり気味やったんですが、
看板を見た瞬間に入る気がなくなりました。(おいっ!)

鍾乳洞の中へ!まさかの垂直階段!

では、鍾乳洞の中に入っていきましょう。
入口からして狭いです…

ちなみに横に下駄箱が見えますが、
うっかりヒールとか歩きにくい靴で来た人のために、
ちゃんと靴を用意してくれています。

そして、中に入っていくと早速…

 

出た!噂の垂直階段!!

写真ではわかりにくいかもしれませんが、
本当に角度がほぼ垂直の階段になっており、
また手すりがついているとは言え、水滴がついていて滑りまくります。

今回は、僕以外のお客さんはいなかったので、
もし何かあったらと思うと大変スリリングな気分になります。

また階段の幅もかなり狭く、
正直なところ豊満なボディの人は難しいです。
というか、無理です。

この階段さえ終われば、あとは特に危ない場所もないんですが、
正直なところ想像以上に規模は小さいです。

たぶん、スムーズに行けば一番奥まで10分くらいですし、
規模的にはかなり小さい鍾乳洞になるかと。

 

一番奥には、立ち入り禁止の看板があり、
お賽銭が投げられてますね。

あまりうまく撮影できなかったので、中の写真はこれだけですが、
帰りもまたあの階段を使うと思うと気が重いw

周辺は自然豊かな場所で子連れ家族にオススメかも?!

鍾乳洞の探索が終わったあとは、せっかくなので、
周辺を歩いてみることにしました。

 

あまり人が通った形跡はなく、クモの巣もいっぱい。

ただ倒れた大きな木などもあり、
自然の中なんだなぁと実感できます。

 

ちなみに周辺はキャンプ場にもなっており、
小さなアスレチックもあるので子連れ家族にオススメです。

ただ、鍾乳洞に関しては本当に危険なので、
もし入る場合は、しっかりと子供を見てあげてください。

決して目を離してはいけません。(本当に危険です)

 

季節にもよりますが、とてもキレイな光景で、
心が落ち着いてくれます。

まあ、さんざん運動した後なので、
心臓はバクバクですけどもw
※もちろん気分はスッキリしますよ!

ついでに日吉ダム、スプリングひよしへ寄り道

質志鍾乳洞へ来たのはいいけど、
思ったよりも規模が小さく、時間的にも早く終わってしまったので、
もともとネットで調べていた日吉ダムにも行ってきました。

ちなみに「スプリングひよし」は、日吉ダムに併設されていて、
温泉施設やプールなどがあります。

日吉ダムと天若湖(あまわかこ)

では、まずは日吉ダムの写真ですね。

 

けっこう間近で見ることができるので迫力があり、
この写真を撮るときも、水しぶきが凄かったです。

たぶん、しばらくこの撮影した場所に立っていると、
どんどん服も濡れた状態になるほど。

一応、近くにトイレも用意されているんですが、
かなりレトロな雰囲気がありますね。

ダムの横には資料館があり、
長い通路の壁には歴史とかの説明があります。

撮影してもいいのか、わからなかったので、
中の写真はないです。(ゴメンナサイ)

そして、中のエレベーターを使うと、
上にある広場に出ることができて天若湖(あまわかこ)があります。

iPhoneのバッテリーがなくなりかけていて、
湖の写真を撮ることはできませんでした。

スプリングひよしでマッタリと温泉

けっこう桜もキレイに咲いていて、
思った以上に本数もあります。

指が入ってしまってますね…

写真の奥にある白い建物に、温泉とプールがあります。

この時点で、すでに夕方やったんですが、
平日に関わらず意外にも来る人が多いです。

やっぱり道の駅だけあり、寄り道する人も多いのでしょうか。

温泉自体は、そんなに規模は大きくないんですが、
750円でとても清潔感のある雰囲気でした。

周辺は、バーベキューなどもできるみたいですし、
他にも自然観察公園などもあるらしいので、
遊んだあとに温泉の入るのが最高なコースかもしれませんね(*'ω'*)

最後に…

行ったのが1ヶ月も前のお話で、
ただ行った記念に写真を撮影しただけなので、
割と雑な紹介になってしまったような気がします。

また1つ前の記事にある保津川下りのほうが最新なので、
時系列も狂ってしまってますね。

ブログを作り始めて間もないので仕方ないと自分で思うようにしてますが、
とりあえず時系列がバラバラな記事が続きますw

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!
おつかれさまでした(*'ω'*)

-お出かけ, 京都
-, ,

Copyright© オクイチ , 2018 All Rights Reserved.