★記事上の写真をクリックすると、写真だけを見ることができます!

いつもの日記

6月18日の大阪地震を体験してわかったこと、感じたこと。余震が続いてる状況。

投稿日:

どうも、ワイキです。
本日6月18日に大阪府で大きな地震がありましたね。

写真は、少し前に仕事帰りに寄って撮った枚方T-SITEの写真ですが、
僕は大阪府の北部にある地域に住んでいます。

なので震度6という大きな揺れを実際に体験しました。
自分用のメモとして記事にしておきます。

地震は前触れもなくやってくる

ここまで大きな地震を体験するのって、
阪神大震災以来のような気がする。

朝目が覚めてのんびりしながら「どこに出かけよう」と思っていると、
いきなり地響きのような揺れがやってきて。

時間的にそこまで長くはなかったと思うけど、
実際に体験してみると、めちゃくちゃ長く感じた。

幸い、揺れは大きかったけど家屋の崩壊などはなく、
家の中にあるものが散らかる程度だった。

うちの家は、タンスとか食器棚が倒れることがなかったけど、
中にあるものは、けっこうグチャグチャになっていたかな。

なんか泥棒に入られた後のような雰囲気が漂ってはいたw

大きな揺れが本震とは限らず、前震の可能性もある

2連休だったので、とりあえず出かけようとは思ったけど、
家族や祖母のこともあるし自宅待機をした。

そのときに、地震についていろいろと調べてみたけど、
大きな揺れが本震とは限らないと書かれていてビックリした。

東日本大震災のときもそうやったみたいやけど、
大きな揺れのあと、油断をしていたときに本震が来たそうな。

大阪でも、地域によってかなり差があるみたいやけど、
僕が住んでいる地域では小さな揺れが何回も起きている。

これを書いている最中にも、震度4くらいの地震が起きていて、
正直なところ怖いというか寝れないというか。

不謹慎かもしれんけど、ブログを書いていることで、
気持ちを落ち着かせている自分がいる。

いざという時のために準備をしておいた

今後、何があるかわからないので夕方ごろに水を買いに行った。

ただ、みんな考えていることが同じせいか、
普通の水に関してはどこも売り切れが続出やった。

まあ、こういう事態は想定内やったけども、
実際に何かが起きる前に準備しておくべきと痛感した。

水については、普段から500mlのペットボトルを買ってるからいいけど、
とりあえずネットを参考にして風呂に水をためておいた。
※雑菌などが繁殖しているので、あくまでも下水用として

ちなみに、地震直後は水道管が破裂している可能性があるから、
トイレを流すという行為はNGらしい。

あと、水ばっかり飲んでいたら水中毒というか、
塩分が不足して逆に危険になる可能性があるから、
まだ売れ残っていたスポーツドリンクとソルティライチを買っておいた。

備えあれば患いなし。
家族のことも考えんとあかんしね。

Wi-Fiは「00000JAPAN」を使う

熊本の大震災の時もそうやったけど、
通信環境がマヒするのは本当に危険だと思う。

なので、ネットで調べていると大手3社のキャリアが無料でWi-Fiを開放しているみたいで、
統一されたSSID「00000JAPAN」を無料で使うことができるみたい。

実際にはその3社のWi-Fiが整備されている必要があり、
現状はステッカーが貼られている場所周辺しか使えなさそう。

ただ、何かあればそこまで歩いて行けばいいわけやし、
とりあえず覚えておいて損はなさそう。

もし見つけたら繋がるかどうか試してみよう。

衣類はすぐに持ち運べるように用意

今回の地震は、朝の時間帯で起きている人も多かったけど、
地震なんていつ来るかがわからない。

さっきの震度4の余震も真夜中に起きているわけやし、
いきなり寝てるときに来る可能性もある。

なので、いつでも持って運べるように、
最低限の衣服などの荷物はまとめておこう。

同じ服を着てもいいけど、衛生的な問題もあるし、
もしそれで変な菌に感染なんかしたら、
余分な水分とかを使う可能性も大きくなるしな。

また服でも、暑いからと言って半袖だけではなく、
急に寒くなるときもあるし、体調が悪いときのために、
長袖もちゃんと用意しとかんとな。

また追記しよ

とりあえず睡眠をとる必要があるし、
また思い浮かんだから書いていこう。

以上、自分用のメモ。

-いつもの日記

Copyright© オクイチ , 2018 All Rights Reserved.