★記事上の写真をクリックすると、写真だけを見ることができます!

お出かけ 大阪

山田池公園の菖蒲園を見てきた!見頃を過ぎていてもまだキレイに咲いていた

投稿日:

ふと目が覚めたときに、雨の音が鳴っていると、
「今日も仕事行きたくねぇな…」と思ってしまいます。

どうも、ワイキです(*'ω'*)
前回の記事では、大阪府羽曳野市にある道の駅「しらとりの郷」に行ってきました。

羽曳野・しらとりの郷で紫陽花を見てきた!野菜の直売所や美味しいパンなども充実!

どうやら関西も梅雨入りしたみたいですね。 まだまだ梅雨の序盤だとは思いますが、 雨が続いているせいで体が重いです。(ほぼ脂肪の影響) どうも、ワイキです(*'ω'*) 朝起きた時、会社から帰る時、休み ...

続きを見る

しらとりの郷に行った後、帰ろうかと思ったんですが、
実はもう1つ別の場所に行ってきました。

というのも、梅雨の時期ってただでさえ雨が多いですが、
曇っているとは言え、休日に雨が降ってないのって嬉しくなるんですよね。

それに偏頭痛が出てて、家に帰ってもダラダラ過ごすだけになりそうなので、
思いきって山田池公園の菖蒲園を見てきました。

見頃は終わっていましたが、その様子を書いていきます('ω')ノ

スポンサーリンク

●この記事に必要なのは約 9 分●

今回の目的地は大阪府枚方市にある「山田池公園」

山田池公園は、大阪府の枚方市にある公園で、
枚方八景にも選ばれている場所です。

ジョギングコースやバーベキュー広場があり、
休日になれば家族で遊びに来ている人も多い公園です。

山田池公園は、北側と南側に道路を挟んで分かれており、
今回行く菖蒲園は北側の区域にあります。

北側には樹木などが多く、野鳥なども生息しており、
公園の名前の由来でもある「山田池」が存在しています。

まずは駐車場から菖蒲園までレッツゴー!

今回、車を停めたのは南側の駐車場です。

ちょうど国道一号線とJR藤阪駅の中間地点に位置するので、
車でアクセスする場合は便利です。

詳しくは、また別の記事にて紹介予定ですが、
グーグルマップだとこの場所になります。

駐車料金については、平成30年の4月に料金が改定されており、
平日と土日で料金が変わってきます。

詳しくはコチラ
⇒ アクセス・駐車場 | 山田池公園

南側の駐車場については、第二駐車場になるんですが、
今回はここから歩いて菖蒲園に向かいます。

第二駐車場から菖蒲園までのアクセス

では、まず駐車場を出発しましょう!!

 

駐車場から園内に入ると、すぐに大きな橋が見えます。
この大きな橋は「美月橋」という名前です。

 

実はこの橋には面白い仕掛けがあるんですが、
それについては記事後半に書かせていただきます(*'ω'*)

橋の真中から両サイドを見ると、キレイな景色が広がっていますね。

 

ちなみに1枚目が左側、2枚目が右側の景色になります。
下の道も歩くことができるんですが、けっこう木が生い茂ってます。

前に1人で歩いたことがあるんですが、
けっこう虫がブンブン飛んでいて怖かったです(´・ω・`)笑

橋を渡ったあとは右に進んでいくんですが、
ちゃんと菖蒲園の看板が出ていますね。

 

ここを右に行かずに真っ直ぐ進むと、
そのまま山田池に直行となります。

右に進むと下り坂になっており、竹林が見えてきます。

 

ん?なんか写真が白っぽいような…
よく見たら曇っていたのでiPhoneちゃんをゴシゴシ。

よし、クリアになったので進んでいきます('ω')ノ

坂を下りきったら小さな橋があるので、
渡ったあとに左に進んでいきます。

菖蒲園前にある広場は休日になると売店も!!

しばらくすると小さな売店が見えてきました。

売店は、平日は閉まっていることが多いんですが、
休日や人が多い日に関してはフードやドリンクを販売しています。

このあたりは、休日になるとけっこう賑わっており、
特に昼間は子ども連れで遊びにきている家族が多いです。

山田池公園自体が、休日になると人が多くなるんですよね。

以前に来たときはなかったんですが、
小さな花壇ができており花が植えられていました。

まだまだ規模は小さいですが、これから大きくしていくのでしょうか。
子供たちに踏まれないか心配です(´・ω・`)

山田池公園は、至るところから池を眺めることができるんですが、
もちろんここからも眺めることができます!!

 

山田池のことを知らない人は、小さな池と思いがちなんですが、
実はけっこう大きい池なんです。

周辺にはウォーキングコースがあるんですが、
一番短いコースでも2kmくらいはありますからね。

公式サイトでは、モデルコースが紹介されています。
⇒ モデル周回コース | 山田池公園

余談にはなりますが、ジョギングやウォーキングをしている人が本当に多く、
年代問わずいろんな人が運動を楽しんでいます。

中には、自転車やスケボーをしている人もいるので、
特に昼間の人が多い時間帯は、接触事故などに注意しましょう!!

子供がいる場合は、目を離さないように( ^ω^ )

スポンサーリンク

菖蒲園へ入って行きましょう!ちなみに入園料は無料です!

では、菖蒲園へ入っていきましょう!!

ちなみに料金は無料で入ることができるんですが、
いつでも入れるというわけではなく期間限定なんです。

5月25日~6月25日までになっており、
午前9時半から午後7時までなので注意してくださいね!
※ライトアップ時は午後8時まで

正面の入り口はこんな感じになっています。

 

入ってすぐ右側には、特別な菖蒲?の紹介と、
キレイに咲いている青い紫陽花がありました。

ちなみに、菖蒲園の奥まで行くとアジサイ園もあり、
約2000本もの紫陽花が植えられています。

梅雨の時期でも楽しめる公園っていいですね(*'ω'*)

少し時期が遅めの菖蒲園

今回は行った時期が、少し遅かったせいもあり、
満開の菖蒲というわけにはいきませんでした。

ここだけを見ると、けっこう咲いているように見えるんですが、
細かく見ていくとそうでもないんですよね(´・ω・`)

 

ただ、いろんな色や形した花が咲いているので、
けっこう楽しめるのではないでしょうか。

個人的には、紫の菖蒲が色鮮やかで好きです(*'ω'*)

 

菖蒲園の中は周辺から見るだけではなく、
こんな感じで架け橋がありますので真ん中からも見ることができます!

 

このあたりは、少しさみしい感じが漂っているので、
もう時期が遅かったのかなと思います。

単純に本数が少ないだけかもしれませんが(´・ω・`)

 

今まで菖蒲園って来たことがないのでわからないですが、
江戸系とか、いろんな種類があるのでしょうか?

風情がない言葉かもしれませんが、こうやって書かれている名前を見ていると、
少しお高めのステーキハウスに来た気分になりますw

 

もちろんキレイに咲いている菖蒲もあります(*'ω'*)

 

こうやって菖蒲を見てて思ったんですけど、
本当に発色が鮮やかでインパクトがありますね!

 

植えかえたばかりか、もしくは植えたばかりなのでしょうか?
何もないように見える一角もありました。

この光景も、菖蒲が満開の時に来たら、
もっと感動したんやろうなーとしみじみ。

十分にキレイなんですいけど、天気のせいですかね?
なんか本領を発揮していないような気がします。

 

まあ来たときに比べると、雲もなくなってきて。
空のコントラストも映えているんですけどね( ^ω^ )

菖蒲園の奥

ここまでは菖蒲園の中心部に咲いていたものを撮影しましたが、
奥のほうには何だか特別感を醸し出している菖蒲がありました。

まずは江戸古花「八咫の鏡」

 

2つ目は伊勢古花「桜狩」

 

3つ目は江戸古花「鳳凰冠」

 

よく見てみると、今までは「〇〇系」と書かれていたのに、
この区域に咲いているものは全て「古花」になっていますね。

もしかすると、珍しい種なのかもしれませんね。
本当に素人以下なので詳細は不明ですけどw

来てよかった!山田池の夕日を眺めて菖蒲園を楽しめた!

反対側の出口にたどり着きました。

せっかくなので、架け橋のほう方を鑑賞して帰ろうと思ったんですけど、
この看板を撮影しているときに、いきなり自転車に乗った男性がやってきて。

ウロウロしながら、こっちを見てるから、
「もしかして不審者に思われてる?」と思ったの。

すると、いきなりガシャンと門を閉めだして…
ふと時計を見ると19時になってた( ゚Д゚)

完全に時間のことを忘れてました。
山田池公園の管理をしている人だったみたいですね。

とりあえず何ともやりきれない気持ちになったので、
看板の裏にある池をパシャ。

「星のブランコかっ!」と思ったけど、
さすがに規模が小さすぎましたね。

というか、19時になってもまだまだ明るいことにビックリ。

菖蒲園も閉まったことやし帰ろうかなと思ったら…

雲間から出ている夕日に照らされて、
菖蒲園全体がいい感じになっていました(*'ω'*)

いやー、これを見れただけでもよかった。

ほんまは、もうちょっと夕日が出ていたんですが、
菖蒲園の中にいたおばちゃんもずっと写真を撮影してて…

ちょうど僕の目の前にいたので撮影が無理でした(´・ω・`)

山田池のほうに歩いて行くと、池がオレンジに染まっていて、
ここは誰もいなかったので堂々とパシャリ。

 

ふと見ると、変わった形の雲が際立っていたので、
池にある建物と一緒に撮影してみました。

なんか恐竜というか、亀というか。
そんな生き物の頭みたいになってますね( ゚Д゚)

駐車場へ向かって帰ろ!

では、駐車場に向かって帰っていきます。

せっかくなので、さきほどの写真の建物まで歩いて行きましょう。
来るときにあった橋を渡って右に歩いていきます。

そうすると、すぐに池の上まで続く道があり、
池の上に浮くような形で建物があります。

 

この建物は「浮見堂」と呼ばれている池のシンボルなんですが、
どの場所から池を眺めても見ることができます。

季節によって、いろんな顔を見せてくれるんですが、
建物自体は小さいので中に入ることはできません。

一周して終わり、という感じですね。

ここから池を眺めると、丸で池の上に立っているかのような感覚になるので、
季節や時間帯によっては、かなり美しい光景が広がっています。

曇っていても、こんな感じですからね( ^ω^ )

浮見堂の前には、展望広場があるんですが、
この階段を上がっていくと「美月橋」がある場所に合流します。

 

美月橋の面白い仕掛け「フラッターエコー現象」

記事の最初に書かせていただいたんですが、
この美月橋には「フラッターエコー現象」という仕掛けがあります。

この場所で手を叩いてみるとわかるんですが、
まるでヤマビコのように何重にも音が響き渡ります( ゚Д゚)

実際にやってみると、けっこう面白いので、
大人でも楽しい気分になりますよ♪

そして、そのまま駐車場に向かい帰りましたとさ。

ちなみに帰りにiPhoneのカメラ機能で遊んでいたんですが、
光の露出を調整すると、こんな写真も撮ることができるんですね。

初めて知ったので、夜景とかの撮影によさそうですね( ^ω^ )

最後に…

今回は、少し時期が遅れましたが「山田池の菖蒲園」を見てきました。

山田池は、季節問わず楽しめる公園で、
菖蒲園の他には桜や紅葉などを楽しむことができます。

場所によってはバーベキューなどもできるので、
家族連れでも充実した休日を送れます。

いろんな見所がある公園なので、また来たいですね!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!
おつかれさまでした(*'ω'*)

-お出かけ, 大阪

Copyright© オクイチ , 2018 All Rights Reserved.