★記事上の写真をクリックすると、写真だけを見ることができます!

お出かけ 大阪

羽曳野・しらとりの郷で紫陽花を見てきた!野菜の直売所や美味しいパンなども充実!

投稿日:

どうやら関西も梅雨入りしたみたいですね。

まだまだ梅雨の序盤だとは思いますが、
雨が続いているせいで体が重いです。(ほぼ脂肪の影響)

どうも、ワイキです(*'ω'*)

朝起きた時、会社から帰る時、休みの日。
気づけば雨が降っていて嫌な気持ちになります。

そんな嫌な気持ちを吹っ飛ばすために、
そして梅雨を楽しむために今回は「しらとりの郷」に行ってきました('ω')ノ

スポンサーリンク

●この記事に必要なのは約 11 分●

今回の目的地は羽曳野にある道の駅「しらとりの郷」

今回の目的地は大阪の羽曳野市にある道の駅「しらとりの郷」です。

「えっ?道の駅?」と思われるかもしれませんが、
最近では、しらとりの郷は観光スポットして訪れる人も増えてきています。

ちなみに場所は「南阪奈道路の側道」に位置します。

紫陽花や野菜の直売所が人気!

しらとりの郷は、2007年に開駅された道の駅ですが、
園内には1万本の紫陽花が植えられています。

またJAが運営する農産物の直売所「あすかてくるで」や、
その他にもパン屋や商工物産館(おみやげ屋さん)もあります。

道の駅と言えば、トイレと休憩所だけがあるイメージですが、
しらとりの郷に関しては、もはや完全に観光スポットです。

高速道路のパーキングエリアみたいな雰囲気が漂っていました( ^ω^ )

入る前から紫陽花がお出迎え!しらとりの郷へいざ突入

今回は外環状線から南阪奈道路の側道に入ったのですが、
「こんなところに道の駅があるんか?」と不安になりました。

僕は大阪に住んでいるんですが、道の駅がある雰囲気でもないですし、
なんというか第二京阪とかでもよく見かけるような光景だったものでw

側道に入ってそのまま走っていると、すぐに看板が出て来て、
しらとりの郷に行く場合は左に寄れということ。

素直に左により、そのまま走っていると、
すぐに紫陽花の花が見えて出迎えてくれました(*'ω'*)

とりあえず車を停めて、道路沿いにある紫陽花をパシャ。

いろんな色がありますが、やっぱり赤とかピンクがキレイに目立っています。
もちろん青や薄紫もキレイですけどね(*'ω'*)

 

今まで生きてきた中で、紫陽花をこんなにも見る機会がなかったので、
正直なところすでに満足している僕。

 

そのまま帰ろうかなとは思ったけども、
さすがにそうはいきませんよねw

ということで、しらとりの郷に入っていきます。

そういえば、しらとりの郷の前には家電量販店のJoshinや、
普通のスーパーマーケットもあります。

この写真だけを見ると、道の駅というか、
ただの郊外にあるショッピングモールみたいな感じですねw

ちなみに、しらとりの郷の中にある看板にも書かれているのですが、
実際に周辺には住宅地があるそうです( ゚Д゚)

平日に関わらず人がいっぱい!駐車スペースを探すのも大変

しらとりの郷の駐車場に入っていく道なんですが、
平日にも関わらず、かなりの台数が駐車されています。

もっと空いているイメージがあったんですが、
とりあえず車を駐車するスペースを探すのが大変でした(´・ω・`)

土日になると、しらとりの郷に入るための待ちがあるそうですが、
まさか平日もこんなに混雑しているとは思いませんでした。

そして「あすかてくるで」があります。

この「あすかてくるで」は、JAが運営する農産物の直売所なんですが、
主に新鮮な野菜や果物などが販売されています。

中で販売されているものは、全てが羽曳野産ではないんですが、
けっこうお値段も安くて思わず僕も買ってしまいました(*'ω'*)

めちゃくちゃ安いというほどではないんですが、
これだけの量を買って1,000円ほどでした。

個人的には、大根が葉っぱ付きで売られているのが嬉しくて、
気がつけばカゴの中に入れているというねw

好きなんです、大根の葉をゴマ油と塩で炒めたやつ。
健康にもいいですしね(*'ω'*)

しらとりの郷の案内マップを発見!

先に野菜を買ってから歩き回っていると、
しらとりの郷の案内マップを見かけました。

ちなみに今回は第三駐車場に車を停めたのですが、
平日の14時ごろで他の駐車場は停めるスペースがなかったです。

というか、警備員のおっちゃんに誘導されたのですが、
常に車の出入りが激しくて驚きました…

外側から見ると、紫陽花は多目的広場と第三駐車場の間のスペースにあるんですが、
その他も至るところに植えられています。

では、見ていきましょうか('ω')ノ

スポンサーリンク

色とりどりの紫陽花が咲き誇る鮮やかな世界

買った野菜を車の中に置いてから、
そのまま真裏に紫陽花がたくさん咲いているので向かいました。

 

ん?なんか思ったよりも咲いてない?

外側から見ると、けっこう咲いているように見えたのですが、
いざ近くで見てみると何だか想像とは違って寂しい感じ。

と思ったら、青の紫陽花がキレイに咲いていました。
ちょっと枯れている部分がありますね(´・ω・`)

今まで紫陽花って、まん丸い形をしているとばかり思っていたのですが、
こういう咲き方をするときもあるんですね。

 

うん、なんだかかわいい(*'ω'*)

駐車場の裏手には、階段があるんですが、
ふと上のほうを見上げると色とりどりの紫陽花が咲いています。

 

そうそう!この感じ!
これを見たかったんだ!と納得です(*'ω'*)

いろんな色の紫陽花が咲き乱れていますが、
やっぱり赤やピンクが鮮やかで目だっているのでキレイです。

そして、さらにそのまま階段を上がっていって、

 

キレイな紫陽花を堪能していると、
純白や少し黄色が入った紫陽花も咲いていました。

 

天気は良くないし、どんよりとした曇り空が広がっていますが、
さすが梅雨の代名詞と言っても過言ではない花です。

ず------っと道の駅内に紫陽花が一面に広がっており、
近くにいたおばちゃん達も感激の声をあげていました。

 

紫陽花を堪能した後は展望台へ向かってみよう!

紫陽花を堪能したところで、展望台もあるみたいなので、
とりあえず向かってみました。

ちなみに展望台へ向かう道は「サクラ並木」と書かれているので、
もしかすると春になると桜が咲き乱れているかもしれませんね。

展望台へ向かうまでの道も、紫陽花が咲いています。

 

植えているような形跡があるということは、
もしかすると、さらに紫陽花が増えていくのでしょうか。

道の駅というより、紫陽花園として有名になりそう(*'ω'*)

 

展望台とは言え、ハイキングをするようなコースではなく、
駐車場から見えるような近い距離にあります。

展望台に…到着??

ってことで、展望台に到着しました!('ω')ノ

あれ、少し残念なような気が…(´・ω・`)

天気が悪くて見晴らしが良くないとかではなく、
ただのベンチのような雰囲気が漂っています。

たしかに晴れていれば、また違った景色なんでしょうけど、
そこまで絶景というわけではなさそうです。

まあ道の駅全体を見渡せる展望台なんでしょうかね。

長居するような場所でもないので、
そのまま下に向かって歩いていきましょう。

ここからバーベキュー広場があるところに向かうのですが、
まだまだ紫陽花が植えられているので飽きません。

 

アジサイ特有の青、紫、ピンクが並んでいて、
よく見ると1つの紫陽花の中でグラデーションができていますね( ^ω^ )

 

途中でゆっくり座れるベンチもあり、
写真を撮影する前には、カップルが座っていました。

 

わざわざ写真を撮るために、どいてもらったのではなく、
あくまでもタイミングよくお帰りになっただけですよ??

平日に関わらず、やっぱり写真を撮影しに来ている人も多く、
女性同士でインスタ映えを狙っている2人にも遭遇。

同じ場所で撮影しているにも関わらず、
こっちはオッサン1人なので華が違いますねw

 

同じ光景を撮影するにしても、格好が様になっていて、
僕みたいな下手っぴにわか野郎とは大違いです(´・ω・`)

キャーキャー騒ぎながら撮影している姿をよそ目に、
不審者扱いを受けるレベルの僕は黙々と撮影していきます。

 

一人でも平気ですよーだ(強がり)

バーベキュー広場もあるよ!

しらとりの郷にはバーベキュー広場もあり、
この日も1組美味しそうに繰り広げていました。

この写真の奥がバーベキュー広場になり、
バドミントンやボール遊びをしている子供たちがたくさんいました。

ちなみに、しらとりの郷のバーベキュー広場は予約制なんですが、
器材などがなくても「みのりの里」でレンタルができます。

広場を予約⇒当日しらとりの郷まで器材を配達してくれるので、
気軽に楽しみたい場合にはレンタルをオススメします!

⇒ しらとりの郷羽曳野 BBQ機材レンタル 「みのりの里」

後片付けも不要で、また肉などは道の駅内にある竹田屋で購入できます。
器材と一緒に予約することができます( ^ω^ )

スポンサーリンク

まだまだ続く!溢れんばかりの紫陽花ロード

広場を過ぎても、まだまだ紫陽花がたくさん咲いています。

 

ふと下に続く階段を見つけたのでおりてみたんですが、
紫陽花に囲まれたテーブル椅子を見つけました。

 

階段は、こんな感じになっているんですが、
ちょっぴり嬉しい気分になりますね(*'ω'*)

 

葉っぱの色も、とてもきれいな緑になっているので、
特にピンク色の紫陽花は色が映えています!

青と紫のグラデーションもあるんですね。
というか、この色が一般的に知られているアジサイかw

 

アジサイロードに突入!!!

駐車場の横には、紫陽花が大きく広がっていましたが、
このあたりではアジサイロードを楽しむことができます。

と、その前に良い感じのシーンがあったのでパシャ。

最近のスマホカメラは凄いですね。
さらに写真をアップにしても、小さなハエがくっきり写っています。

ひと昔前では考えられへんことやな( ゚Д゚)

ここから紫陽花で挟まれているアジサイロードに突入です。

 

もちろんショボいと感じる箇所もあるんですが、
見る方向によっては、とてもキレイな道に仕上がっています。

さらに進んで行くと…

 

けっこう写真では広く見えるんですが、
実際には紫陽花に囲まれてムフフな気持ちになります(*'ω'*)

こんな階段もあったりして、ほんと紫陽花に埋め尽くされていますね。

そして、けっこう写真を撮影している人が多かったのが、
溢れんばかりの紫陽花に埋め尽くされている場所です。

 

おばちゃん達も、こぞって写真を撮影していたので、
僕が撮影した写真のうち何枚におばちゃんが写りこむというねw

やはりスマホとSNSが普及してからというものの、
インスタ映えを狙う高齢の方も増えているのでしょうか。

今日すれ違った人たちは、全体的にマナーが良かったので、
なんだか見ていて気持ちがよかったです( ^ω^ )

スポンサーリンク

駐車場に戻るまでに新発見!

ということで、駐車場に戻って行きましょうかね。

 

ほんとに道の駅とは思えないほどの紫陽花です(*'ω'*)

で、来たときにはわからなかったんですが、
ワインレッドの紫陽花もあり、ひときわ輝いていました。

 

残念ながら、あまり中に立ち入ることができないので、
うまく写真を撮影することはできませんでした。

にわかカメラマンというかブロガーには、
これが限界なのかもしれません…(´・ω・`)

しらとりの郷はフードなどの飲食店も充実!

しらとりの郷は、紫陽花や農産物の直売所で有名ですが、
フードなど飲食店も充実しております。

商工物産館「タケル館」の中には、肉屋の竹田があり、
その場で切ったハムなどが販売されています。

また外には、羽曳野餃子が売られている「マルK」、
他にも羽曳野うどんやタピオカジュースなどが売られている店があるので、
カップルや子連れの家族にもオススメですね。

ぱんろーど・しらとりの郷

僕は小腹が空いていたということもあり、
「ぱんろーど・しらとりの郷」でパンを購入しました。

量が多かったりヘビーなものは気分じゃないし、
それに甘いものを食べるっていう気分でもないし。

なので、美味しそうなパンを2つほど購入( ^ω^ )

じゃがいもとチーズのパン(バターかも)
野沢菜のおやき風パン

いやー、どちらも焼き立てで美味かった!

ふと店の中を見ると、イートインのスペースもあったんですが、
買い物にきたマダム達がくつろいでいました。

その中で、一人ぼっちで食べる気にはならなかったので、
車に戻って食べたんですがモチモチしてて美味い!

やっぱりコンビニで売られているパンとは違いますな。
たぶん近所にあったら毎日通うレベル。

そしてパンを食べたあとは、そのまま帰路につきましたとさ。

最後に…

今回は、雨の代名詞でもある「紫陽花」を気軽に楽しもうと、
大阪の羽曳野市にある道の駅「しらとりの郷」に行ってきました。

一瞬、本当に楽しめるのかが不安だったんですが、
休日になれば駐車場待ちができる理由がわかったような気がします。

特に今の時期がそうなんですが、紫陽花を目で見て楽しめますし、
またフードなども充実しているので、
「ちょっと行ってみようか!」って気分になれるんですよね。

またアクセスも、田舎や山奥みたいに酷道もないですし、
外環状線や内環状線からも近いので抜群です。

ただ見ている感じでは、紫陽花が咲いていなければ見所がないような雰囲気なので、
もしかすると普通の道の駅だと感じるかもしれません。

時期にもよりますが、梅雨時期のおでかけや、
どこか近場へ気軽にドライブしたいときに便利ですね( ^ω^ )

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!
おつかれさまでした(*'ω'*)

-お出かけ, 大阪

Copyright© オクイチ , 2018 All Rights Reserved.